最初にお詫びします。修復歴のある車を所有している方には申し訳ない話です。

 

修復歴のある車を売る場合、修復歴のない車と比べると車の価値は下がります。

同じ車でも買取価格は、修復歴のない車が100万円、修復歴有りだと80万円、みたいな話になります。

 

修復歴有りの車は中古車市場の中では、過去に大きめの事故にあった注意すべき車という評価を与えられ、のちに車を売る販売店にとってもリスクを背負うことになります。

 

でもだからと言って、黙っていたら修復歴はばれないかも?って考えるのは危険です。

気持はわかりますけど。

 

最悪なのは、買取店での契約時には修復歴がばれていなくて、後で修復歴がばれた場合。

この場合は、契約後でも売主に減額を求めてくるケースもあります。ひどいときは数10万円単位の請求がある場合もあります。

 

これはさすがに困りますよね。

 

でも、あなた自身も押さえておくべきポイントをきちんと押さえておけば、修復歴有りの車でも高く買い取ってくれる買取店を見つけることは十分可能です。

 

今回そのポイントの話と高く売れるアドバイスをしますね。

それでは進めて行きましょう。

 

修復歴は隠してもばれる。後でばれるとあなたが困る。

 

修復歴がある車を車の買取店で買い取ってもらうなら、最初に伝えておきましょう。

修復歴は必ずばれるから。あとあとばれるとかなり面倒です。

 

中古車が業者間で取引されるような段階では、修復歴は100%に近い状況で判明します。

 

そこで修復歴有の車として評価され、修復歴有りの車としてのオークション相場で取引されます。

同年式、同じような走行距離のプリウスでも、修復歴がない車よりは、修復歴有りの車の方が安く取引されます。

 

では車の買取店で修復歴を見落とされて契約した場合に起きるトラブルの話を書きます。

 

車の買取店で修復歴を見落とした場合、買取店は修復歴のない車のオークションでの落札相場を見て、お客様への買取価格を提案します。

 

その後その価格でお客様と契約した車は業者オークションに出品され、業者間で車が取引されることになるのですが、業者オークションでは出品時に修復歴あり車と評価され、結果安く落札されてしまします。

 

そうなると、買取店は当初予想していた落札価格より大幅に安い価格で取引されることになり(価値の低い車を価値の高い車として値付けしたため)その差額を売主に求めてくるような事態になります。

 

これが契約後でもお客様に減額を請求できるからくりです。

早い段階で修復歴がわかっている方があなたにとっても買取店のとっても安心なのです。

 

中古車の修復歴・事故歴のチェック法とは?

 

新車で購入した場合

この場合はその車はあなたしか所有していませんので、あなたがその車の状況はすべて理解しているはずです。

もしあなたが所有している間に修復歴があることを認識しているのであれば、最初に買取店スタッフに伝えておきましょう。

 

中古車で購入した場合

この場合、あなたがその車を購入する前の状況はよくわかっていないはずです。

まずは車を購入した中古車販売店で確認してみましょう。

 

中古車販売店も、基本車をどこから仕入れて、誰に売ったかは把握しています。

また業者オークションで仕入れた車であればその時のコンディションも理解しています。

なぜならその販売店もある意図をもって、その車を仕入れたはずなので。

 

ただ、「私の車に修復歴がありますか?」とお客様から何年か経過した後に聞かれても、「はいそうです」とは言いづらい部分もあります。本当に修復歴があったなら正直に答えない場合もあるかもしれません。

そんな場合は次の手で。

 

中古車販売店でも修復歴の有無がよくわからない場合

今の車を売る意思が固まっているのであれば、ガリバーやカーセブンなどの車買取店で査定してもらいましょう。

査定経験豊富な買取店スタッフであれば修復歴もかなりの高確率で見つけてきます。

 

また査定に出すことで、車の買取価格も提示してくれます。自分の車に今どれくらいの買取価値があるのかも把握することができます。

 

査定に出すときのチェックポイント・注意点。

車の状況を買取店スタッフに確実に伝える。修復歴は最優先で。

まず最も大事なことは、あなたから車の情報を積極的に発信することです。できれば修復歴などのマイナスと思える部分こそ最優先で伝えましょう。

このマインドでの行動が結果あなたをトラブルから防ぐことにもなります。

 

複数の買取店で査定してもらう。高く買ってくれる店を探す。

複数の買取店で車を査定してもらいましょう。できれば4店以上。

 

複数の買取店を回ることで、もしあなたが気付いていない修復歴があっても、それに気付いてもらえる確率も上がります。あとあとのトラブル回避の意味でも有効です。

 

もうひとつは高く買い取ってもらえる買取店に出会える側面もあります。

4店回れば、もうその時点で4店分の買取価格情報があり、当然価格差が発生しているはず。

その中で一番高い価格を出している買取店に売れば、あなたの車を最高値で売ることができます。

 

契約後の減額リスクについて確認する。

車を売る方も買取店も困るのは、契約後に修復歴が見つかってトラブルになることです。

 

もしあなたが買取店スタッフでお客様に減額を頼むのってやっぱしんどいですよね?

しかも査定の時点でそれに気付かない店側も引け目はあるので。

 

なので契約の時点でも基本的には契約書にもその部分は触れてますし、商談の際にも口頭でも確認するはずです。あなた自身もその買取店がどのような対応をとるかはきちんと確認をしておきましょう。

 

ちなみに車買取のカーセブンは契約後の減額請求を一切しないことを約束しています。査定候補のひとつに加えることをお勧めします。

 

まとめ

 

ということで今回のまとめです。

 

ポイントなのは、修復歴があるなら早い段階で買取店に知ってもらうこと。

黙っていても最終的には修復歴ばれます。買取店での契約前から分かっていた方が絶対安心です。

 

更に複数の買取店で査定してもらうことで、もし修復歴に気付いてなくても、気付いてもらえる確率が上がります。車を高く売るための買取店の価格情報も収集できることができます。

 

なので今回、この記事を読んでもらったあなたには、正しい行動をとってどこよりも高く売ってもらいたいなと思います。

 

正直に伝えること。複数の買取店で査定してもらうこと。です。あとはその結果をもとにあなたがどこに売るかを判断するだけです。

 

簡単ですよね!

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

今回の記事が参考になりましたなら、以下のバナーをクリックしてくださいね。


中古車・買取ランキング

にほんブログ村 車ブログ 車買取・車査定へ
にほんブログ村