車の買取において絶対に避けておきたいトラブルは何でしょう?

それは売却契約後の減額請求です。苦情の代表です。

契約後で完全に油断しているときに減額請求されても困りますよね?

ただ中古車という商品の特性上、車を売る側もきちんと準備をして対策をとっていないと、このような事態に巻き込まれる場合もあります。

そんな悩めるあなたに今回のご提案。

  • 契約後の減額になる仕組みを理解し対策を打ちましょう。
  • 複数の買取店を回り正直に対応すれば契約後減額リスクを大きく下げることは可能。

それでは進めていきましょう。

売却契約後の減額請求について

まずはなぜそうなるのか?その対策はどうするかを説明します。

契約後でも減額が起こる理由

そもそもなんで契約後なのに減額を求められるのでしょうか?

減額が起こりうるケースは次のような場合。

買取店が車に修復歴があるのにそれを見落とし買取価格を提示した場合。

といってもピンと来ていませんね?もう少し丁寧に解説します。

車の買取店では、お客様から買い取った車を、ほとんどの場合業者オークションに出品し、車の業者間でその車を売買します。

その業者オークション会場では、車に修復歴があると同じ車でも修復歴のない車と比べると、大幅に安い価格で取引されてしまいます。

しかも業者オークション会場では車の修復歴は必ず見つけられます。

車の買取店の時点で修復歴を認識していないことは、買取店にとっては自分たちの利益を減らす大きなリスクとなります。

なので車の買取店は修復歴のある車であれば、お客様に買取価格を出す際は修復歴のある車として買取価格を提案しなければいけません。

でも買取店も100%修復歴を見つけられるかというと、そうでないケースがあります。なのでそのリスクを回避するために、契約書上でもその点は記載し説明し、場合によっては売主に減額請求することができるのです。

車の修復歴とは?

ここで何度か車の修復歴という表現を使いましたが、修復歴についても少し説明します。

車の修復歴とは車の骨格にあたる部分の修理や交換実績のある車です。

骨格にあたる部分を修理なので、大きめの事故にあった車とも言い換えることもできます。ちょっとこすったり、へこんだりの修理は修復歴にはあたりません。

修復という単語に集約されるように「修理し」「復旧した」車です。

業者オークションでは、各会場ごとの査定スタッフが出品前に修復歴を見つけると、その車は修復歴有りの車と評価され、車の価値は下がり、売買する業者も慎重になります。

契約後の減額成獣をなくす対策とは?

あなたにできる対策としては、買取店の査定の時点で相手にその状況を気付いてもらうことです。

既に修復歴があることを認識しているなら相手に伝え、修復歴があるかどうかわからない場合は、車に乗っていて感じる不安点などあれば伝えておきましょう。

とにかく早い段階で相手にその状況を認識してもらうことが最優先の対策です。

買取店に査定に出す際の注意点

では契約後の減額請求となるシステムは理解できましたでしょうか?

先ほどの対策の部分も踏まえ、もう一歩踏み込んで減額とならないための買取店での注意点を説明します。必ず押さえて下さいね。

車の状況は正直に伝える

まず買取店で査定にしてもらう場合には、あなたの車の状況は正直に相手に伝えましょう。プラス面もマイナス面も。

特にマイナスに思う部分があれば、言いにくいかもしれませんがそれは最優先で伝えましょう。マイナス面を黙っていて最後に困るのはあなた自身です。最後の最後に減額とか言われた時の労力は結構しんどいものです。

修復歴、事故歴など、また不具合箇所認識しているものはすべて相手に伝えておきましょう。正直に情報発信すると、買取店もその誠意にこたえようって人も出てきますよ。

複数の買取店を回る

とにかく査定は複数の買取店を回り、買取価格情報を集めましょう。

出来れば4店以上をお勧めします。

4店回ればその時点で高い店と安い店では価格差が生じているはずです。

より高く売るためにも複数の買取店を回りましょう。

また複数の買取店で査定してもらうことで、あなたが気付いていない車のコンディションがあるかもしれません。

やはり査定経験の豊富な買取店は、修復歴などのマイナスを探すのも見つけるのも上手です。あなた自身減額リスクをさけるためにも複数の買取店を回りましょう。

減額リスクについてその店の考えを確認する。

各買取店ごとの契約後の減額リスクの考え方も確認しておきましょう。

基本契約後に減額するのはお客様は当然ですが、買取店にとっても面倒なものです。修復歴を見つけられない査定力のなさをアピールしているような面もあるので。

なのであなた自身もその買取店で減額になる可能性があるのか?その場合防ぐ手段はないのか?など事前に確認しておきましょう。

また買取店によってもその減額請求をなくすために各種サービスも用意している買取店もあります。確認し必要なら使用しましょう。

次に減額に強いお店やサービスの有る買取店を紹介します。是非候補に入れ査定してもらいましょう。

おさえておきたい車買取業者は4店

カーセブン。契約後の減額請求一切なし。安心です。

契約後の減額請求を0にするなら、カーセブンは絶対おすすめです。

カーセブンは契約後の減額請求を一切しないことを約束してくれています。

これは非常にありがたい。お近くにあるなら買取候補に加えましょう。

ただカーセブンは減額にかんしては安心ですが、買取価格が高いかどうかは他店と価格で比較しないとわかりません。

オートバックス。見積書&5日間価格保証は親切。

カー用品のイメージが強いオートバックスですが、実は今車買取の評判がいいって知ってましたか?

その証拠にオリコン顧客満足度調査ではアップルに次いで第2位です。

多くのお客様から支持されています。

中でも私が思うオートバックスの強みは、買取見積書の発行と5日間の価格保証です。

車の買取では紙で価格を証明してくれるのって意外と少ない気がします。

またお店によっては商談の流れで、その日だけの価格として口頭で伝えたけどそうでなくてトラブルに。などというクレーム事例も意外とあります。

そんな中、見積書を発行し、5日間は価格保証しますので、よく考えて下さいねというオートバックスの姿勢は親切だと思いませんか?

買取初心者には最優先で行くべき買取店ですよ。

T-UP。トヨタの査定力&販売力は強力。

ご存知あのトヨタが全国的に展開する買取サービスT-UP(ティーアップ)

こちらも買取候補として押さえておきましょう。

T-UPの私が思う強みは査定力と販売力です。

査定は点検修理に慣れたトヨタの車のプロが査定してくれます。安心材料です。

実は私も過去にT-UPで車を買い取ってもらったことがあります。

複数店回った結果最高値で売りました。しかもホンダ車を。

全国に3500店あるT-UPのネットワークは協力で、そのネットワーク内で売り切れる見込みの高い車であれば、高額で買い取ってもらえる可能性大です。

ガリバー。最高値ならクレームガード利用し契約を。

ご存知買取最大手のガリバー。ネット上ではいろいろと賛否両論ありますが、私自身は押さえておくべき買取店と考えます。

ただ回るなら最後に回りましょう。他店の買取価格情報をおさえた状態だとあなたも優位に商談を進めることができます。

ガリバーが最高値ならお願いしましょう。

またガリバーにはクレームガードという契約後の減額を阻止する有料のサービスも有ります。もし不安があるなら利用することをお勧めします。

クレームガードを利用しなかったことでのトラブルも意外とあります。安心を買っておきましょう。

まとめ

ということで今回のまとめです。

とにかく車の買取店での売却を利用する場合は、契約後に減額請求されることは絶対に避けるべきポイントです。

そのためにはあなたも車のコンディションは積極的に伝えて、トラブル防止につとめましょう。特にマイナスに感じる部分こそ優先的に。

あとは複数の買取店を回って安心して売れる店、価格売れる店を探しましょう。

そのための材料は残しました。あとはあなたが行動する番です。

是非とも今回の情報であなたが納得して車を売れる店に出会えることを期待しています。

最後まで読んだいただきありがとうございました。

今回の記事が参考になりましたなら、以下のバナーをクリックしてくださいね。


中古車・買取ランキング

にほんブログ村 車ブログ 車買取・車査定へ
にほんブログ村