今ではヤフオクでもメルカリでも簡単に個人でものを売り買いできる時代。

車もネットで個人に直接売ったら高く売れるのでは?って思う方増えてきてます。

 

実際、車も個人売買で買い手さえつけば高く売れます。

その証拠にヤフオクで車を出品をされている人も結構います。実は私もヤフオクで車を売ったことがあります。

ただし車の個人売買ではトラブルに巻き込まれるケースも多く、売る場合は注意が必要です。

 

ヤフオクで個人売買をする場合もイメージしながら、そのトラブル事例と解決法を説明します。

 

車を究極に高く売るなら個人売買。ヤフオクで売れる可能性はある。

 

ヤフオクでもメルカリでも個人で中古品を出品し、買い手がつけば高く売れることは事実です。

ブックオフに本やCDを売っても1つ数10円だけど、でもヤフオクで売れば数100円なんて経験ありませんか?

 

車にもその理屈は当てはまります。

 

車もヤフオクで買い手がつけば、絶対高く売れます。これは事実。

ただトラブルが多いのも事実。慣れない者同士の取引は特に注意が必要。

 

車という商品の性格上、お金もらいました。車渡しました。取引済みました。という風に簡単には済みません。

高額な商品であること、名義変更などの手続きが必要なことなど注意が必要です。

 

その中でも特にトラブル事例の多い、名義変更、販売後の車のトラブル、について今回その対策を説明します。

個人売買で車を売ることを考えているなら、押さえておきましょう。

 

車を個人売買で売る場合のトラブル事例と対応法。

 

名義変更に関するトラブル多い。販売後にすぐに変更を促すには預り金対応を。

 

個人売買で車を売ったなら、あなたが相手に真っ先にお願いすること。それは車の名義変更。

 

今あなたの名義になっている車検証を、新しい所有者の情報に変更することが必要です。

これはあなたも変更が完了するまでは、マストできちんと追っかけましょう。

 

名義変更されていないと、そのまま自動車税の支払依頼届きます。また最悪その車で事故に遭った場合、警察もあなたの情報を認識します。売り主も困りますよね。

 

この対策としては以下の点を相手にお願いしましょう。

ヤフオクで車を出品されている人は、商品紹介ページにだいたい1と2のような記載があります。

 

1.名義変更は契約後2週間以内に完了させて下さい。

2.代金支払い時に30,000円の預り金を頂きます。名義変更完了時に返金します。

 

それによって車を買った人はすぐに名義変更作業の行動を起こします。3万円早く返してほしいですよね。

新しい車検証を証拠書類をFAXしてもらいましょう。確認できれば3万円を返金してあげて下さい。

 

私自身もヤフオクで車を販売した場合はそのように対応しトラブル防止に努めました。

名義変更のトラブルを防止するためには、預り金を預かってその対応を早期に促すことが重要。

 

車渡した後のトラブル。瑕疵担保責任を放棄することを明記。

 

もしあなたの車を別の人に販売して、その翌日に車に故障が起きました。その対応ってどうしますか?

 

対応する、しないで大きなトラブルに発展する可能性がありますよね?

でもこのもめる要素をなくすために、契約の際にきちんと双方で認識しておきましょう。

 

この個人間での売買契約後のトラブルをふせぐ方法は

1.相手に現車確認、試乗してもらう。

2.瑕疵担保責任が0である(放棄する)ことを明記する。

 

まずは1について。できる限り車は現物を見てもらいましょう。

ヤフオクで車を買いたい人でも、ネット上の情報だけで数10万単位の入札をする人はほとんどいません。

私がヤフオクで車売った時、車買った人は全員車を見に来ました。

 

車はきちんと実物を相手に見てもらいましょう。そしてコンディションは説明してあげましょう。

また、そこまでの労力を払って車を見に来る人は、すでに購入意思の高い人です。きちんと対応することで更にその意思が高まりますし、可能ならその日に販売しちゃいましょう。私もその日に販売しました。

 

次の2の部分、瑕疵担保責任(かしたんぽせきにん)はないことを明記し納得してもらうこと。

簡単に言うと、契約後に車に不具合があっても私は面倒見ませんよ。ってことを双方で認識することです。

 

車を売る側には民法上、瑕疵担保責任が発生します。車に売り主が認識していない不具合があった場合、売り主もその責任を負う必要がありますというもの。

 

ただこの瑕疵担保責任は放棄することもできます。その旨は最初から明記し、また売買契約書でも明記し、双方で納得しておくことが必要です。

 

ヤフオクでの商品紹介ページでは、こういう表現を記載しておきましょう。

 

◎こちらは個人売買となります。瑕疵担保保証期間は0日間です。
・瑕疵担保責任による保証などは一切いたしません。
・いかなる場合も現車優先、ノークレーム、ノーリターン、ノーキャンセルとします。

 

事前にこのようなきちんと説明があり、双方で認識できていれば、翌日トラブルがあってもあなたが対応する必要はありません。

まとめ

ということで今回のまとめです。

今回車の個人売買で起こりうる代表的なトラブルとその対応法について書かせてもらいました。

 

大事な点は以下の点です。

・名義変更は預り金を頂いて早期に対応を促しましょう。

・購入後の車のトラブル防止のためには、瑕疵担保責任を放棄することを明記しましょう。

 

ただし今回の説明の通り、車の売買の流れを理解できていない人にはハードルが高い部分があります。

自分にはまだ難しそうだなと思う場合は、お近くの車買取店を複数店回ってみることをおすすめします。

それだけでも早期に高く売ることは十分可能です。

一度検討してみて下さいね。

 

今回の記事が参考になりましたなら、以下のバナーをクリックしてくださいね。


中古車・買取ランキング

にほんブログ村 車ブログ 車買取・車査定へ
にほんブログ村