車を売るならだれもが高く売りたいですよね?

 

ただ価格だけに注目し、トラブル対策をノーマークにすると、契約後でも減額やキャンセル請求されるなど、面倒な状況になる場合もあります。

 

今回車の売却後のクレーム対策の代表「契約後の減額請求」が起こらないような対策について説明します。

 

では進めていきますね。

 

車の売却後の代表的なクレームとは?減額後請求について。

 

車を売る際に絶対に阻止したいトラブルは、「契約後の減額請求」です。

 

車の買取店で買取契約したにも関わらず、価格が減額するってなんのための契約?って疑問を感じるかもしれませんが、車の買取では必ず押さえておくべきポイントです。

 

また車の売却時には売主にも責任が伴います。きちんと内容を理解し対策を取りましょう。

少なくとも車の所有者として、知りうる車のコンディションは正直に伝える義務がある。

 

ネット上でも売却後の減額に関するクレームやトラブル事例多く見られます。恐らくこのページを見ているあなたも見たことありませんか?

 

なぜ車売却後のクレームが起きるか?理由と対策。

ではなぜ車の契約後にもかかわらずなぜ減額になるのでしょうか?

 

代表的な発生ケースは以下のような場合です。

車に修復歴や事故歴などの車の価値を大きく下げる部分があるのに、買取店での契約時にそのマイナスに気付かず契約してしまった場合。こんな時に減額になる確率は大きく上がります。

 

はい、といわれてもピンときてないですね?もう少し詳しく説明します。

ポイントは車にマイナスがあるなら早い段階でそれに気付いてもらうことです。

 

車の買取店では、車を売りたいお客様が正しく車の状況を知らせて、その上で買取店スタッフが車の様子を確認し、お客様に買取価格を出します。それでよければ売却契約に入ります。

 

その後車を買い取った買取店は、その車を業者オークションに出品し別の販売店に車を売ります。そこで買取店は利益を得ます。業者オークションとは車業者が参加する中古車の競り市です。

 

買取店は初めに業者オークションの過去の膨大な取引実績を見て、この車ならこのぐらいの価格で業者オークションで落札されるであろう相場を確認し、そこから自分たちの利益を確保しお客様への買取価格を決定します。

 

買取価格を決める時点で、修復歴がある車を修復歴がある車として買取価格を出したのであれば問題なしです。しかし買取店の査定時にその修復歴に気付かずにマイナスがない車として買取価格を出したなら、業者オークションでの落札価格は大幅に下がります。結果その分をお客様に求めてくるという流れになります。

 

また買取店の立場に立った時に、買取店も車の状況を100%正しく理解することは不可能なので、お客様にもそういうケースもありますということを契約書上でも表現し、契約時にも確認することになっています。

 

買取店にとっても契約後の減額という点は正直ないにこしたことはありません。契約後に減額なんて普通言い出しにくいものです。なので買取店によってはその減額を防ぐようなサービスを展開している買取店もあります。

 

ビッグモーターのクレームガードとは?

「クレームガード」ってキーワードを目にしたことはありませんか?

 

ビッグモーター・ガリバーで展開している有料のサービスです。そのクレームガードを利用することでもし減額を求められるような事態になっても、その請求をガードすることができます。まさにクレームガード。

 

ネット上ではそのクレームガードを利用するしないみたいな話も多いのですが、私はクレームガードは利用することをおすすめします。

 

なぜならその方が安心だから。クレームガードを利用しなかったためにトラブルになった事例は多く存在します。であれば最初から安心を買っておきましょう。

 

ただしクレームガードがあれば安心ですが買取価格にも注目しましょう。安かったらもったいあないですよね?そのために複数の買取店を回って買取価格情報を集めましょう。できれば4店以上。

 

買取店を複数回った結果ビッグモーターが最高値で、しかもクレームガードを使ってもビッグモーターが最高値なら、迷わず契約しましょう。

 

また他にも契約後の減額請求につよい買取店も存在します。次にいくつか紹介します。

 

その他おすすめ買取店

車を高く売るために、また車の修復歴などに気付く意味でも複数の買取店で車を見てもらうことは、あなたにとっても安心材料となります。

以下の私がおすすめする買取店を紹介します。お近くになるなら回ってみましょう。

 

カーセブン。契約後の減額請求一切なしを約束。これは安心。

車買取のカーセブンは契約後の減額請求一切なしを約束してます。これは絶対安心です。

契約後減額リスクを0にするならカーセブンです。

ただし価格が高いかどうかは不明です。あなたの車でほかの買取店で比較し、最高値でなければ、再度交渉してみましょう。

 

オートバックス。特許取得の査定システム「査定Dr.」も修復歴発見に強い。

オートバックスもここにきて意外と買取評判が高い買取店となってきました。オートバックス全店舗で買取をしているわけではありませんが、オリコンの顧客満足度調査2018は第2位と多くのお客様から高評価をいただいています。

 

車の査定に関しても、タブレットを使った査定システム「査定Dr.」により修復例などの発見も機械的に行える仕組みがあります。査定Dr.は特許取得。査定候補に加えておきましょう。

 

T-UP。トヨタの査定力は安心材料。3600の店舗ネットワークも強力。

あのトヨタが全国的に展開する車買取のネットワークT-UP。

 

基本はトヨタのディーラーや中古車販売店です。なので査定をしてくれるスタッフは点検修理などになれたトヨタの車のプロです。これはひとつの安心材料です。

 

実は私自身もT-UPで車を買い取ってもらいました。複数店で買取価格調べましたが、最高値がT-UPでしかもホンダ車を買い取ってもらいました。

 

売れる見込みの高い車であれば、全国に3600あるトヨタのネットワーク内で売り切れる力があるので、高く買い取れる仕組みがあります。T-UPも候補にいれておきましょう。

 

まとめ

 

ということで今回のまとめです。

 

今回車の売却後のクレーム対策について書きました。

 

車を売る場合、「高く売る部分」と「契約後の減額をなくす部分」の両面に注意する。

そのためには複数の買取店を回り、買取価格情報を集めましょう。また契約後減額を防ぐための対策の話も買取店ごとにおさえておきましょう。

 

ビッグモーターやガリバーのクレームガードは利用すること。

他にも減額請求がない買取店、査定に力がある買取店を候補に入れ比較すること。

 

あなたの今まで大切に乗ってきた車を、どこよりも高く、安心して売れる買取店に出会えることを期待しています。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

今回の記事が参考になりましたなら、以下のバナーをクリックしてくださいね。


中古車・買取ランキング

にほんブログ村 車ブログ 車買取・車査定へ
にほんブログ村