ビッグモーターやガリバーなどの車買取店に、あなたの車を買い取ってもらう場合の最も注意すべき部分。それは車の買取契約後にその減額を請求されないようにすること。

 

車買取の代表的トラブル事例としてネット上でもいろいろと掲載され、実際に困った体験をされた方も多いようです。ただこれはビッグモーターのみならず他の車買取店においても一定数は存在しています。要は車買取トラブルあるあるです。

 

あなたにはそういうトラブルに巻き込まれてほしくないので、今回注意すべき点をまとめました。ぜひとも参考にして、車を売るときには気持ちよく取引できるよう、対策をとってくださいね。

 

それでは進めていきますね!

 

買取契約後の減額請求(二重査定)について。苦情やトラブルの原因

 

まず最初に、そもそもなぜ車の買取契約の後でも、減額の申し出が発生するののでしょうか?

 

これはビッグモーターのみならず車の買取店全般にわたって考えられることですので、その理由はキチンをおさえておきましょう。

 

まず、車の買取店って何で利益を得てるか知ってますか?

正解はそうなんです。お客様から買い取った車を誰かに売って利益を得るのです。

 

ざっくりし過ぎなので、もう少し掘り下げて説明しますね。

車の買取店はお客様から買い取った車を、業者オークションに出品し、別の業者(主に中古車販売店)に売って利益を得ます。

 

ここでいう業者オークションとは、車を扱う業者のみが参加するオークション会場(競り市)で、車を売りたい業者と車を買いたい業者が参加し取引を行います。一般の人は基本入れません。

 

各オークション会場では、その会場の査定スタッフが出品される車の1台1台のコンディションを正確に評価します。そこで車の評価を大きく下げる要素が、修復歴や事故歴、水没歴、メーター改ざんなどです。

 

要は、修復歴などのマイナスがある車は高く売れないのです。

 

もし修復歴などのマイナス要素が車にあると、マイナスのない通常の車より安く取引されていまいます。残念ながら通常の車よりは価値が低い車となりますから。

 

さてここからが大事なポイントです。ついてきてくださいね!

 

そこで車の買取店での査定の段階で車の修復歴などが判明していれば、買取店も修復歴のある車としてお客様に買取価格を提案できます。初めにキチンと認識していれば安心なのです。

 

ただ、もし買取店での査定の時に修復歴などのマイナス点を見つけることができずに、マイナスがない車として買取価格を出しお客様と契約しました。その後業者オークションに出品して初めて修復歴に気付いたとしたら、買取店は予想していた価格よりも安い価格でしか取引されないことになります。

 

結果、その分をお客様に減額請求という流れになるのです。

 

また買取店にしてもこの点は最初からリスクとして認識しているので、契約書上でも減額のケースに触れていたり、契約時にお客様にも確認をして契約をする流れにもなっています。

 

なので車の買取店では減額になる場合があることはあなたも認識し、そうならないような対策をうちましょう。

 

ビッグモーターの対応。クレームガード(クレーム安心保証)で安心を買う。

 

ネット上でもビッグモーターでの契約後の減額事例は多く見受けられます。

 

車の買取においてはどこの店でも起こりうる話ですが、あなたも注意するにこしたことはありません。

 

またビッグモーターではクレームガードという買取後の減額を阻止する有料のサービスもあります。もし不安であれば利用されることをおすすめします。

 

減額リスクをおさえるための対策

 

それでは今までの流れを踏まえて、あなたが契約後減額にならないような対策を提案します。ぜひ参考にしてみて下さい。

 

車の買取店ではあなたの車のコンディションは正しく伝える

契約後の減額請求を防ぐポイントとしては、早い段階でマイナス点に気付いてもらうこと。

 

なので買取店で査定をしてもらう場合には、あなたの車のコンディションはプラスもマイナスも正確に伝えましょう。

 

特に修理した点や不安に思う点など、要はマイナスに感じる部分は確実に伝えておきましょう。

あと1店の買取店だけで買取を即決するのはNGです。理由は次に説明します。

 

複数店買取店で査定してもらう。できれば4店以上

買取店は面倒でも複数店で査定してもらいましょう。

 

私も経験上、査定経験の豊富な買取店スタッフはやはり細かいマイナス点気付く人多いです。逆に査定経験の少ないスタッフは不安です。店舗を何件か回ることによって判明するマイナス点もあるかもしれません。

最終的にはあなたを助けることにもありますので、面倒でも4店以上を目標に回りましょう。

 

ビッグモーターのクレームガードを利用する

前のコーナーでも少し触れましたが、複数店回ってビッグモーターが最高値だった場合で、減額請求をできる限り防ぎたいなら有料のクレームガードのサービスを利用してみることは「あり」です。

 

ただし新車で購入した車(ワンオーナー車)をはじめて売る場合なら、あなたはその車のことは全て知っているはずです。ワンオーナー車で不安要素がなければクレームガードはなしで可。

 

ただ中古車で購入して今回売る場合は、あなたが乗る前の車のコンディションはよくわからないと思いますので、クレームガードで安心を買うことも検討してください。

 

減額リスクを回避できそうな買取店を査定候補に加える

車買取のカーセブンは、契約後の減額をしないことを約束しています。安心ですよね。

減額請求を0にしたいならカーセブンを利用するのもありです。

 

またトヨタのT-UPも査定や点検修理など車を知り尽くすトヨタの車のプロが査定します。この辺りも安心材料かなと思います。

 

まとめ

 

ということで今回のまとめです。

 

・車の買取店では流通の関係上、契約後でも減額の請求される場合はある。

・ビッグモーターにも減額をガードする有料のクレームガードサービスがある。

・減額にならない対策をうつ。ポイントは正直に伝えること。複数買取店を回ること。

 

いかがでしたでしょうか?なんとなく減額を防ぐイメージは沸いてきたでしょうか?

大事なのは不安点は早めに気付いてもらうことです。そのためにあなたができること。買取店にやってもらうことを意識しながら進めて下さいね!

 

今回の情報を参考に契約後減額にならないよう、またどこよりも高く買い取ってもらえる買取店に出会うことを祈っております。

 

最後まで読んでくださりありがとうございました。

今回の記事が参考になりましたなら、以下のバナーをクリックしてくださいね。


中古車・買取ランキング

にほんブログ村 車ブログ 車買取・車査定へ
にほんブログ村