オレンジ色の看板のカー用品のお店でおなじみのオートバックス。

今では車の買取も販売も手掛けていて、その認知度も少しずつ上がってきているようですね!

 

それで今回の私からあなたへの提案。

車を買い取ってもらうならオートバックスも査定の候補に入れておきましょう。

特に他店と比較しながらじっくり買取を考えられたい方には安心できるお店です。

 

買取に関してもオートバックスの強みを発揮している部分もあります。車買取のトラブルとしてよく聞く買取契約後の減額に関しても独自の技術もあります。

 

それでは解説していきますね!

 

車買取店における契約後減額リスクについて

 

まずはここでは車買取における一般的な話で説明します。今回の流れを理解しておくとあなた自身が買取契約後の減額防止のためにやるべきことが見えてきますので、押さえておいてくださいね。

 

買取契約後の減額。どこの買取店でも起こりうるものとして認識する。

車買取店における契約後の減額に関する問題。基本は車を売る場合には起こりうるものとして認識して下さい。

もしあなたの車には修復歴も事故歴もメーター改ざんも絶対ないと言いきれれば、減額になる可能性は0に近いと言い切れますが。

 

要は、車に修復歴や事故歴などのマイナス要素があって、それらを買取店が見つけられなかったとしたら契約後でも減額請求になる可能性は上がります。

 

まずはその可能性があることを認識し、あなたがその対策を打てたなら発生率を大幅に下げることは可能です。

ではなぜ減額になるのでしょうか?

 

そもそもなぜ契約後なのに減額になる恐れがあるのか?

ここではあなたが買取店の立場に立ってその流れをイメージしてみて下さい。

車の買取店は、お客様から買い取った車は業者オークションに出品し、別の業者(主に中古車販売店)に売ることで利益を得ます。

 

ここでいう業者オークションとは、車を扱う業者が参加する車の競り市で、車を売りたい業者と買いたい業者が参加し取引を行います。私も何回も参加したことがあるのですが、会場ごとに毎回数千台単位で車の取引が行われます。

 

実は業者オークションで参加者が注目するのは過去のオークションでの落札相場です。車名、年式、距離、程度で検索すれば、膨大な取引データを見れば出品される車はこれぐらいで落札される予想は立てれます。それをもとに買取店は自分たちの利益をさし引いた形でお客様に買取価格を提案します。

 

ただ車の価値を下げる部分は、修復歴や事故歴、メーター改ざんなどの有無です。それらがみつかるとその車は通常の車よりも落札相場は下がるので、買取店は基本お店での査定の際に車をコンディションを細かく見る必要があります。

 

買取店が査定の時点で修復歴などを見つけて、マイナスがある車として買取価格を出していれば問題はないのですが、査定の時点で見つけられずにオークション会場でその事実が判明したとしたら、当然その車は予想していた価格より下がった価格で落札されるので、その差額をお客様にお願いするというのが減額のからくりです。

 

また買取店も100%お店の時点でマイナスを見つけられるとは思っていないので、契約書に記載したり、契約時にその減額に関する部分にも触れて、買取店もそのリスクを回避する部分も残しているのです。

 

オートバックスにおける契約後減額の可能性について

査定Drはひとつの安心材料。特許を取得した修復歴を判別する仕組み有。

オートバックスが持っている査定システム「査定Dr.」

タブレット端末を使った検査システムで、オートバックス本部とも連係し修復歴を判別します。特許を取得したシステムで、機械を使ってシステム的に判別する部分は査定経験の少ないスタッフでも対応でき、安心です。

 

オートバックスの買取の強みについて

また地味ではありますが、買取見積書を発行してくれるところ。その価格を5日間保証してくれるところも実はお客様には安心材料です。

 

実は口頭だけで値段のやり取りをしてトラブルになった事例などもネット上では多くします。またその日だけの特別価格で即決しないなら買い取らないみたいな話もありますが、それはお客様に対して誠意がないと思いませんか?

きちんとお客様の立場で考える時間を与えてくれるお店の姿勢はありがたいですよね。

 

買取契約後の減額をさけるための対策について

最後にオートバックスも含めて買取店で価格を出してもらう際に、なるべく減額にならないための対策です。参考にしてみて下さいね。

 

あなたの車のコンディションは正直に伝える。不安は最優先で

買取店で査定をお願いするときは、まずは車のコンディションはきちんと相手に伝えましょう。そして不安に思える部分こそ最優先で。

 

買取店が車のマイナスを認識できなかったことが減額になる王道パターンなのでキチンと不安点を査定で確認してもらいましょう。

 

複数の買取店舗で査定してもらう。査定力の高いスタッフは修復歴発見力も高い。

買取店1店だけで買取を即決するのはNGです。かならず複数の買取店を回りましょう。できれば4店以上。

 

恐らく4店以上回れば、査定経験豊富なスタッフにも出会えているはずです。そんな経験豊富なスタッフは修復歴見つけるのも上手です。早期に車のマイナスを見つけることはあなたにとっても買取店のとってもリスク回避につながりますので、必ず複数店回っておきましょう。

 

減額リスクの少ない店舗を選ぶ

車買取のカーセブンは契約後の減額をしないことを会社として約束してくれています。これはお客様にとっては大きな安心材料です。

 

またトヨタのT-UPも査定力の部分では安心できる店舗かなと思います。点検や修理に慣れた車のプロが査定してくれますので。実は私自身も以前T-UPで買い取ってもらった過去もあります。

 

もちろんオートバックスの査定Dr.も修復歴を見つける部分では安心材料です。

というところで参考までにこれらの買取店も候補に含めておきましょう。

 

契約の際に内容を再確認する

最後に売るべき買取店が決まったら、契約の際にもその減額に関する部分はきちんと確認しておきましょう。あなたにとっても買取店にとっても契約後に減額になることは気持ちの良いものではないはず。きちんと双方で内容を確認し、不安点は完全につぶしておきましょう。

 

まとめ

ということで今回のまとめです。

 

オートバックスでも最近は買取にも力を入れ、独自の技術やサービスを展開しています。

タブレット使った査定Dr.や買取見積書の発行、5日間の価格保証などお客様ファーストで安心を与えてくれる部分はありがたい内容です。

 

ただその安心を更に高めるためには他店でも査定してもらい、情報を集めることであなたが気付いていなかった車のコンディションを知れたり、高い店に出会えたりと判断材料は増えます。

 

是非後悔しないためにも今回の情報を参考にして行動してみて下さいね。

 

今回も最後まで読んでいただきありがとうございました。