車を売る際に、トラブル防止のために必ず意識をしておかなければいけないこと。それは「契約後でも買取後にも減額やキャンセルの申し出がある場合がある」ということです。

 

これはラビットのみならず、ガリバーでもアップルでもあなたが車を買い取ってもらう場合には、注意が必要です。

 

ネット上でも車買取店でのお客様とのトラブルの代表といえば、この契約後の減額問題です。あなたも少し検索すればすぐに事例を見つけることができますし、恐らく読んだこともあるでしょう。

 

しなしながら、あなた自身がその減額になる可能性があることを認識し、そうならない対策を立てておけば、減額発生の可能性を0に近づけることも可能です

 

ということで、その知識を身に着けて買取店を回ってみましょうね!

 

ラビットなど中古車買取店での契約後の減額とは?

 

そもそも契約後でもなぜ減額やキャンセルの申し出が起こるのでしょうか?

まずはこの原因を押さえておくことで、その対策もイメージしやすくなります。

 

ラビットも含め一般的に車の買取店は、どうやって利益を得ているかわかりますか?

 

答えはこうです。

お客様から買い取った車を、業者オークションに出品し、別の車の業者(主に中古車販売店)に売ることで利益を得ます。

 

ここでいう業者オークションとは、車を売りたい業者と車を買いたい業者が参加する中古車の競り市で、買取店は各オークション会場での過去の落札相場をもとにして、自分たちの利益を差し引いて、お客様に買取価格を提示します。

 

ただそこで厄介なのが、修復歴、事故歴、メーター改ざんなどの車の評価を大きく下げる部分。

またマイナス部分を買取店は最初から認識していたかどうかの部分。

 

一般的に修復歴、事故歴などのマイナスポイントがあると、それらマイナスポイントがない通常の車よりは絶対に高く売れません。それらの車を買おうとする業者もリスクを背負うことになるので。

 

もし買取店が最初の査定の時点で修復歴を把握した上で、お客様に買取価格を出していたならば問題はないのですが、買取店が査定の時点でその事実を認識せず、通常の車として買取価格を出し、最終的に業者オークション会場でその事実が分かったとしたら、買取店としたら非常に困ったことになります。

 

当然業者オークションでは予想していた落札相場よりも安い価格で取引され、予想していた利益も削られることになるので、お客様に減額を求めることになるのです。

 

ただ当然、買取店もこの辺の話は最初から起こりうるリスクとして考えてますから、契約書にもその点について触れてますし、契約時にもお客様にも確認をとるはずです。

 

なのでこの流れを理解し、そうならないための対策を打っておきましょう。

ポイントはなるべく早い段階で修復歴などは気付かせることです。

 

ラビットの評判。ガリバーなど他店との比較情報

 

ネット上でラビットの評判・口コミなどを見ても、他店と同様によくあるプラス面、マイナス面存在しますが、特に大きなトラブルになったような事例は見受けられません。

 

ただ私が個人的に強調したいラビットの強みは、業者オークション最大手のUSSの子会社であることです。

 

最大手なだけに業者オークションでは当然多くの車が取引されますし、業者オークションでの落札相場情報なども最新情報をもとに、買取価格もですことができます。

 

当然一般の人では業者オークションとかUSSとか言われてもピンとこないと思いますが、車の業者であればだれもが知っている超有名企業です。ラビットの強みです。

 

ただ、ラビットの買取が高いか安いかは他店と価格で比較をしないと判断できませんので、他の買取店でも価格を出してもらい比較してみましょうね。

 

減額請求をうけないために、あなたができる対策とは?

 

買取店で車を買い取ってもらう以上は、あなたもキチンを減額のリスクがあることは認識し、対策を打ちましょう。意識するべきポイントは以下の通りです。

 

査定の際、車のコンディションを正しく伝える。

査定してもらう際、あなたの車のコンディションは相手にきちんと伝えましょう。特に不安に思う部分や修理箇所などのマイナスポイントは確実に。

 

マイナスポイントを把握できなかったことから減額になるケースがほとんどですので、ここは特に気を付けましょう。

 

複数店舗で査定してもらう。

ラビットのみならず、他の買取店でも査定をしてもらいましょう。

 

やはり査定経験の多いスタッフは修復歴を見つけるのが上手です。逆に査定経験の少ないスタッフは見落とすケースもあるでしょう。

 

要は何店かであなたの車を見てもらうことで、車のマイナスポイントがあっても見つけてもらいやすくなります。

 

また複数店買取店を回ることで、あなたの車の価格情報を集めることができます。

 

マイナスポイントを見つけるリスク回避の部分でも、高く売るための価格情報を集める意味でも、複数店買取店を回ることには大きな意味あるのです。

 

減額リスクの少ない買取店を査定候補に入れる。

契約後の減額リスクを0にしたいならカーセブンがおすすめです。

カーセブンは契約後の減額をしないことを約束しています。どうしても不安な方は査定候補に入れておきましょう。ただし高く売るという点では他店と価格を比較しないとわかりませんのでご注意を。

 

またガリバーやビッグモーターにはクレームガードという有料のサービスも有ります。

クレームガードを利用することで減額リスクを押さえることができます。複数店回ってみて最高値がガリバーやビッグモーターなら、安心を買う意味で利用してみましょう。

 

ネット上で出回っている減額のトラブル事例のほとんどはクレームガードを利用しておけば防げたものばかりです。

 

契約時に発生時の流れを確認する。

最後に契約をする際にも、もし減額になった場合の対応は必ず双方で確認しておきましょう。

 

特にワンオーナーでない車は必ず確認を。

中古車で購入して今回売られる場合、あなたが所有していた前の車の状況は恐らくわからないはず。

 

その場合は、車に乗っていた時の不安点や修理ポイントなどマイナスポイントは十分に相手に伝え、その不安個所は念入りに見てもらいましょう。

それでも不安な場合はクレームガードやそのリスクのない店を選ぶなど減額リスクを押える対策を打ちましょう。

 

まとめ

 

今回のまとめです。

 

・どこの買取店でも契約後に減額のリスクは少なからずある。

・修復歴などのマイナスポイントを早期に認識できなかった場合に減額リスクが発生。

・減額を防ぐためにはあなたも車の状況をプラスもマイナスも伝える。

・複数買取店を回ることは減額リスクを防ぐ点、買取価格を集める点でも有効。

 

今回の情報をもとにあなたが減額リスクに巻き込まれないこと、あとどこよりも価格買い取ってくれる買取店に出会えることを祈っております。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

今回の記事が参考になりましたなら、以下のバナーをクリックしてくださいね。


中古車・買取ランキング

にほんブログ村 車ブログ 車買取・車査定へ
にほんブログ村