車を買取店で買い取ってもらう際に、あなたが絶対に注意しなければいけないポイント。

それは「買取契約後の減額リスクをできる限りなくすこと」

 

ネット上ではどこの買取店を見ても、一定数のトラブル事例は見られるのですが、今回はビッグモーターでの事例を私なりに原因を分析し、その対策を記載します。

 

今回こちらのページにたどり着いたあなたもその不安は解消したいですよね?

 

今回の重点ポイントは、

あなたの車の状況はきちんと買取店スタッフに伝えること。特に不安点は最優先で。

 

減額が起こりうるパターンとその対策を考えておけば、減額発生率は下げることができます。

ぜひ今回の記事を参考にしてみて下さいね。

 

車買取後や契約後に減額を求められるケースとは?

 

そもそもなぜ減額になるのかを理解しておきましょう。

 

初めにあなたに質問です。買取店が買い取った車ってその後ってどうなるか知ってますか?

はい、あまり考えたことないですよね。(笑) では解説します。

 

大事なポイントは、修復歴、事故歴などが後でわかると面倒であるということ。

 

ほとんどの場合、買取店はお客様から買い取った車を、車の業者が参加する業者オークション(中古車の競り市)に出品します。そこでその車はセリにかけられ、別の業者(主に中古車販売店)が落札します。そして落札した業者(販売店)がお客様にその車を販売する、これが一般的な車の再販の流れです。

 

ここで出た「業者オークション」では、各会場毎に査定スタッフが出品された車を細かくチェックし、その車のコンディションをプロとして評価します。

 

特に、取引価格に影響を及ぼす修復歴、事故歴、水没歴、メーター改ざんなどのマイナスポイントもすべて評価に反映し、実際にセリにかかるときには「修復歴有り」とか「メーター改ざん車」として通常の車よりは価値の低い車として扱われます。

 

そこであなたに意識してもらいたいこと。

もし買取店が車のマイナス要素を把握せずに、通常の車として買い取ったとしたら、買取店は予想していた落札相場より大幅に低い価格で売ることになってしまいます。

 

そしてお客様から買い取った価格よりオークション落札価格が安かったとしたら、その差額は誰に求めるでしょう?・・・なんとなく分かりますよね。

 

車を売る側の減額予防策としては、車のコンディションをきちんと伝えることが重要であることはわかりますよね。特にマイナスポイントは最優先で。

 

ビッグモーターの買取契約後の減額に関する評判と対応法

 

ということで、ネット上で見受けられる減額を防止するためのポイントを説明しますね。

対策1:大原則。車の状況は正直に伝える。マイナス面は特に。

最初のコーナーで記載した通り、まずはあなたの車の状況は確実に買取店スタッフに伝えましょう。特にマイナス点は最優先で。

 

こちらから提供する情報不足が原因で減額につながるケースは多いように見受けられます。

また査定経験の少ない店員が対応したとしたら不安ですよね?

結局はあなたの契約後のトラブル要素を減らす事になりますので、正直に情報提供しましょう。

 

対策2:契約時に減額パターンについて確認する。

減額が起こりうるパターンは、契約時にきちんと確認し潰しておきましょう

 

新車で購入し買い取ってもらう場合は、あなたがもっているの情報だけで完結できるのですが、中古で購入し買い取ってもらう場合、あなたの購入前の状況はあなたにはわからないはず。

 

そうなると査定の際、目の前にいる店員さんにきちんと車を見てもらう必要があります。特に修復歴・事故歴の形跡がないかは、念押ししてでも嫌がられても見てもらいましょう。

 

また別の買取店で査定してもらうことも有効です。

何店か査定してもらっているうちにマイナス面を見つけてくれる買取店もあるかもしれません。あなたを守るためにも他店でも査定してもらいましょう。

 

また買取価格をあげてもらう意味でも、他店の買取価格情報も押さえておくことも重要ですよ。

 

対策3:有料のクレームガードを利用する。(ビッグモーター、ガリバーなど)

ビッグモーターでもクレームガードのサービスがあります。

クレームガードとは一部料金を払うことで、減額が発生した場合も買取店が対応するというサポートサービスです。クレームをガードする、そのまんまのサービスですね。

 

クレームガードを利用しなかったために減額対応につながってもめるケースは多く見受けられます

不安をなくす意味、安心を買う意味では「あり」です。あとあと10万単位で減額されるのは嫌ですよね?

 

契約後に減額が起きにくい買取店。苦情やクレームを最小化する。

 

ここからは、私が個人的におすすめする減額発生の可能性が低い買取店です。理由とともに解説しますね。

 

カーセブン:契約後減額なしの約束あり。

売りと買いでお得のCMでおなじみの「カーセブン」ですが、ここは会社として「契約後の減額は一切しないこと」を約束しています。公式ホームページでも大きく宣言しています。これは安心ですよね?

 

利用者の立場になって安心材料を与えてくれてますし、キャンセル対応も他店より柔軟に対応してくれています。減額リスクを完全に0にしたいならカーセブンはおすすめです。

 

T-UP(ティーアップ):トヨタの査定力は信頼度高い。

「車売るならT-UP」でおなじみのトヨタが展開する中古車買い取り店「T-UP」

全国に3600店のネットワークがある、基本的にはトヨタの中古車販売店です。あなたのお住いのエリアにあるトヨタの中古車販売店でも「T-UP」の看板って見れますよね?

 

中古車販売店なので、買取だけをやっているお店よりは絶対的に車を点検する機会は多く、査定時にはそんな経験豊富なトヨタのクルマのプロが対応してくれます。

クルマを知りつくしたスタッフの査定力という部分では安心を提供してくれる店です。トヨタ車なら尚更安心ですよね?

 

あと余談ですが、私自身も過去にT-UPで車を買い取ってもらいました。最高値で。買取りの候補に入れてておくことをオススメします。

 

まとめ

 

ということで今回ネット上のビッグモーターの減額事例より私なりの解決法を掲載させていただきました。

 

ポイントはなのは以下の3点。

・車の状況を正しく伝えること。

・契約時に減額になる要素は極力潰すこと。

・減額リスクの低いお店を選ぶこと。

 

契約後の減額という部分は、ビッグモータのみならず他の買取店でも起こる可能性はあります。

あなたが注意することで防げる部分も大いにあります。

 

是非注意すべき部分が注意して、失敗しない買取戦略をとってくださいね。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

今回の記事が参考になりましたなら、以下のバナーをクリックしてくださいね。


中古車・買取ランキング

にほんブログ村 車ブログ 車買取・車査定へ
にほんブログ村