あなたが車を売る場合、絶対に阻止しなければいけないトラブルって何かわかりますか?

それは買取契約後の減額やキャンセルの請求を阻止すること。

 

契約後に修復歴が見つかりましたので〇万円減額請求します。なんて今更言わないで~って感じですが、実はこれは売主にも責任があるものです。そうなる理由を理解し対策を立てて、トラブル防止に努めましょう。

 

正しく対策を立てておけば、その契約後の減額リスクは0に近づけることは可能です。

あなたがそんな減額トラブルに巻き込まれないよう説明していきますね。

 

買取契約後の減額が起こる理由とは?

 

まずなぜそんな契約後にもかかわらず減額請求がおきるのでしょうか?そのからくりの部分を説明します。

 

修復歴や事故歴に最後まで気付いていないと危険。

なぜ減額請求が起きるか? まずこんな場合に可能性大です。

車に修復歴や事故歴などのマイナス点があるのに、買取店が契約の時点で認識していない場合。

 

一般的に車に修復歴、事故歴、水没歴、メーター改ざんなどがあると車の価値は下がります。

 

もし買取店がお店での査定で修復歴を認識し、修復歴がある車として買取価格をお客様に出していたなら問題なしですが。

 

ただ買取店が査定の時点で修復歴に気付いていない場合が問題。

 

買取店は通常のマイナスがない車としてお客様に買取価格を出し契約しました。その後修復歴が見つかり、修復歴のある車として(通常の車より価値の低い車として)業者間で取引されました。

 

その結果、買取店は当初予想していたと取引価格よりも大幅に安く取引したことになり、見込んだいた利益も減り、その差額を売主に求めてくる事態になります。

 

なのでここでは「早い段階でマイナスに気付かないと減額になる」ということを認識してください。

減額阻止するなら契約前に買取店にマイナスを認識してもらうことが重要ということです。

 

車の売主にも責任あり。瑕疵担保責任について。不安点は必ず伝える。

でも売主の立場にたてば、そんなの契約後なのに今更減額なんて困る!って感じですよね?

私も最初はその気持ちでした。そんなの気付かない買取店が悪いでしょ!って。

 

でも車の買取では、残念ながら契約後の減額請求というものは起こりうるものと、最初から認識してください。そのために売主は買取店での査定時に、車のコンディションはすべて買取店スタッフに伝えることがとても重要です。

 

特に修理した点や故障ポイントなどを不安点があれば、そこは最優先で。最終的にはあなたを助けることになるので。

 

車の売主にも瑕疵(かし)担保責任が発生します。簡単に言うと車に不具合があったらその分は売主にも責任があるということ。なので売主も認識しているマイナス要素に関してはきちんと相手にも認識してもらいましょう。

 

中古車で購入して今回売却される場合は要注意。

あなたが新車で購入して今回その車を売却する場合なら、その車のことは当然あなたしか知りません。もし修復歴などのマイナス点があれば必ず伝えて下さい。それだけでも減額防止につながります。

 

ただ厄介なのは、中古で車を購入して今回売却する場合。恐らくその車の購入前の状況はわからないですよね。車の点検簿や記録簿にそれらの履歴があればわかりますが。

 

その時もできる限りあなたが知りうる車のコンディションは確実に相手に伝えましょう。そしてキチンを査定してもらいましょう。

 

ただし少しプラスアルファの工夫は必要です。次に対策をアドバイスしますので参考にしてください。

 

契約後減額にならないための対策。心構え。

買取店での査定時には車のコンディションを全て相手に伝える

 

再確認ですが、車の買取店での査定の際、あなたの車の状況はできる限り相手に伝えておきましょう。特に不安に思うマイナス点は最優先で。マイナスに買取店が気付かないことが減額になる原因ですので、そこは慎重に対応しましょう。

 

複数の買取店を回る。4店回れば査定に強いスタッフに出会える。

まず買取店を1店回って即決はNGです。面倒でも買取店は複数店回りましょう。できれば4店以上。それが減額リスクからあなたを守ることになりますので。

 

4店回れば恐らく必ず一人は査定に慣れたスタッフに出会えます。査定になれたスタッフであれば修復歴などを見つけるのも上手です。また買取店を回れば価格情報も集まります。

 

減額リスクを下げること、価格情報を集めてより高く売れること。2つのメリットがあるので必ず買取店は複数回りましょう。

 

契約後の減額リスクの少ない店舗、サービスを選ぶ

買取店の立場に立っても、契約後に減額を求める対応は面倒な作業です。当然ないにこしたことはありません。

 

そのために、買取店側もいろいろとサービスを展開しています。次にその減額になりにくい買取店を紹介します。お近くにそれらの買取店があるなら査定候補に加えてくださいね。

 

買取契約後の減額リスクに強い!おすすめ買取店紹介

 

以下に案内する買取店は実際に私も回ったことがあります。安心できるサービスがあるので紹介します。

 

カーセブン。契約後の減額請求一切なし。査定候補に最優先で選択を。

車買取のカーセブンは、契約後の減額請求一切なしと会社として宣言しています。これは絶対安心です。お近くにあるなら査定候補にマストで加えておきましょう。

 

ただ買取価格が高いかどうかは他店との比較が必要です。複数店回って比較してみましょう。減額リスクは0ですから、そこを最優先する場合はカーセブンにお願いしましょう。

 

T-UP。全国3600のトヨタネットワークは強力。査定力も高い。

トヨタが全国で展開する車買取店、T-UP(ティーアップ)実は私も過去にT-UPで車を最高値で買ってもらいました。しかもホンダ車を。

 

T-UPは基本トヨタのディーラーや中古車販売店です。そのために車の点検や修理になれたトヨタのプロが査定してくれます。その部分は安心できるもです。

 

全国に3600もある店舗ネットワークは強力です。自分たちのネットワークの中だけでも買い取った車をそのまま売り切れる強みがあります。

 

恐らくあなたのお住まいのエリアにもあるはずです。こちらも査定候補に入れておきましょう。

 

ガリバー。有料だけどクレームガードで安心を買う。

ご存知、車買取業界最大手のガリバー。ネット上ではマイナス情報もありますが、やはり年間取引台数28万台の力は偉大です。それだけ車を買い取るためのノウハウを持っています。

 

ただし1つだけ注意点。ガリバーには契約後の減額請求を止めるためのクレームガードという有料のサービスがあります。不安要素があるなら利用しておきましょう。

 

ネット上で目にするガリバーもトラブル事例もクレームガードに入っていなかったために起きているものがほとんどです。安心を買いましょう。

 

まとめ

 

ということで今回のまとめです。

 

今回、車の買取での代表的トラブル契約後の減額請求について今回解説させてもらいました。

 

契約後減額になる主な発生原因は、買取店の時点で修復歴などのマイナスに気付けないこと。ただ売主にもちんと車の状況を伝える責任があり、相手に車を知ってもらう努力も必要です。

 

また買取店においてもカーセブンを代表に、減額リスクに強い買取店も存在します。

 

是非今回の情報を参考に、減額リスクに強い買取店も査定候補に入れて、買取店を回ってください。

そして最後にはあなたの車を一番高く、かつ安心して買い取ってくれる買取店に出会ってくださいね。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 
今回の記事が参考になりましたなら、以下のバナーをクリックしてくださいね。


中古車・買取ランキング

にほんブログ村 車ブログ 車買取・車査定へ
にほんブログ村