車の売却後に発生するトラブルについて考えたことありますか?

 

売った後なのでそんなの関係ないでしょ! って考えがちですが、実際にそんな事態になったら、あなたは冷静に対応できるでしょうか?しかも20万円減額ですなんて言われたら・・・

 

でも車の売却後にも場合によっては買取店からの減額依頼が来ることがあります。

 

ただし契約前の段階でその発生リスクを極力下げることは可能です。減額にならないよう押えるべき点は押さえて、そうならないような対策をとっておきましょう。

 

ということで、以下に記載の注意点は押さえて下さいね。では進めていきましょう!

 

車の売却後の最大のクレーム・トラブル要素とは?

 

ここでの結論。車売却後の最大のクレーム・トラブル要素は、買取額の減額に関すること。

 

車の買取をお願いする場合、誰もが高く売ることを狙いますよね!

その気持ちは当然共感できますし、私もどこよりも高く売れるよう調査してきました。

 

でも価格だけに執着してしまい、相手とのコミュニケーションが十分でないとトラブルに巻き込まれることもあります。

 

その証拠でネットで「車 買取 トラブル」などで検索すると、車の売却後にも減額依頼が来たとかのトラブル事例が意外と見受けられます。

価格も大事ですが、この車の減額依頼を受けないための対応も同時に進めると効果的です。

 

とにかく売却後にお金のことでもめるのは気分のいいものではありません。場合によっては数10万円単位で減額依頼が来るケースもあります。

 

以下にチェックポイントを掲載しますので、注意していきましょう。

 

契約後の減額について。ガリバーやアップルなど買取店で注意が必要

 

まず、そもそもなんで契約後にもかかわらず減額が発生するのでしょうか?

 

ここはガリバーやアップルなどの車買取店目線で説明させてもらいます。

 

車の買取店は、お客様から買い取った車を業者オークションに出品し、別の車業者に売ることで利益を得ます。

ここでいう業者オークションとは、車の業者間で車を売買する中古車の競り市なのですが、業者も安心して取引ができるように、会場の査定スタッフが1台1台の車のコンディションをキチンと評価します。

 

その業者オークションの評価で車の価値を大きく下げる点が、修復歴や水没歴、メーター改ざんなどです。これらが判明すると通常の車よりは安く取引されます。

 

要は修復歴のある車は高く売れないのです。

 

そこでもし買取店が最初からその修復歴などのマイナスポイントを正しく把握していたなら、安い価格で買い取り額を提示するのですが、修復歴を把握せずに買取価格で買い取ったとしたら、業者オークションでは見込んでいた価格より安くなり、その差額を売主に求めてくることになります。

 

なんか売り手からすると理不尽な話ですが、この部分は実際車の売買契約の際も確認されるし、契約書にもその記載があるはずです。なぜなら買取店にしてもリスクを背負うことになっているので。

 

なので車を売るときには、売り主も買取店もリスクを背負っているし、車の修復歴のようなマイナスポイントを早い段階で把握できていないと減額騒動に巻き込まれるということは認識してください。

 

キチンと認識できたならあとはその対策をとるだけでOKです。

 

契約後の減額発生への対策について

 

その減額が起こりうる状況を把握したうえで、そうならないための対策を考えていきましょう。以下にいくつかのポイントをまとめましたので対応していきましょうね。

 

車の状況を正しく伝える。特にマイナス点は確実に。

まずはあなたの車の状況をきちんと買取店スタッフに伝えることが大切。あなたが一番車のことを詳しく知っているわけですから。

 

特に大事なのは車のマイナス点。修理をした箇所、調子の悪い点などは確実に伝えておきましょう。それだけでだいぶリスクはおさえられます。

 

下手にマイナス点を隠しておくと、結果あとあともめることになるケースもあるので要注意ですよ。困るのはマイナス点を隠していたあなたですので。

 

複数の買取店で査定してもらう

車のコンディションは必ず伝えることを前提に、複数の買取店で査定してもらいましょう。査定経験豊富な査定スタッフは意外と修復歴見つけてきます。逆に査定慣れせずに即決を迫る若手スタッフは要注意。そうやって何店かで車見てもらううちに発見されるマイナスポイントはあります。

 

また複数買取店をまわることで当然ながら価格情報を集めることもできます。恐らく4店もまわれば高い店と安い店では結構な価格差がでてきているはずです。

 

結果、複数店まわることで修復歴などに気付けたり、高く買ってくれる店に出会えたりとリスクの部分もメリットの部分も両面で満足することができますよ。

 

契約後の減額を求めない買取店を利用する

車買取のカーセブンはなんと契約後の減額をしなこことを約束しています。減額リスクを0にする意味でもカーセブンは査定候補に入れておきましょう。

 

ただ高く買い取るかどうかは他店と価格で比較してみないとわかりませんが、契約後の安心を求めるならおすすめの買取店です。

 

クレームガードを利用する

これはガリバー、ビッグモーターが展開している契約後減額のリスクをおさえるためにある有料のサービスです。それがクレームガード。

 

名前の通りクレームをガードするサービス、有料ではありますがあとあともめる材料をなくすためには利用しておいた方が安心です。サービス料金は買取額によって変動するのでここでは割愛します。

 

ネット上のトラブル事例もクレームガードを利用していたら防げていた事例ばかりです。

 

ただしクレームガードを利用するなら複数の買取店を回った結果、ガリバーやビッグモーターが最高値であり、かつクレームガードを利用しても他店と比べて高かったなら迷う必要はありません。安心を買っておきましょう。

 

まとめ

 

ということで今回のまとめです。

 

車売却後に起こりうるトラブル・クレームの部分、契約後減額に関してですが、きちんとポイントをおさえておけばクレームが起こる確率を下げることはなんとなくイメージできましたか?

 

ポイントは買い手とのコミュニケーションと複数店回ることです。

 

リスクも認識しつつ、それを発生するポイントも押えて高く売る。あなたがどこよりも車を高く売り、契約後も安心して過ごせることを期待していますね!

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 
今回の記事が参考になりましたなら、以下のバナーをクリックしてくださいね。


中古車・買取ランキング

にほんブログ村 車ブログ 車買取・車査定へ
にほんブログ村