個人売買で車を高く売ろうと考える人は多いようです。実はあなたもそうでしたか?

車を高く売るための手段として、個人売買に気付くセンスは素敵です。

 

確かに買い手がタイミングよく見つかったなら個人売買は高く売れます。

 

ただその一方で個人売買に関するトラブルも多いようです。名義変更や売却後の車のトラブル対応など、車という商品の特性上、車の引き渡しだけで済まない注意点もあります。

 

今回の私からの提案。

車の個人売買は初心者には難しい。買い手を見つけるのも、その後の手続きも自分でできるか?

ただ買い手が見つかるなら車は個人売買は高く売れます。

 

その個人売買の特長を踏まえた上で注意点を確認していきましょう。

 

車を個人売買で売るメリットデメリット

 

車の個人売買、最大のメリットは高く売れること。

個人売買の最大のメリットは価格。売り手は高く売れるし、買い手は安く買えます。

 

個人売買なので、当事者同士の話し合いで価格は決定できますが、当然ながら売り手は買取店で売るよりは高く、買い手は中古車販売店で買うよりは安くなるよう価格設定するでしょう。

 

そうでなければ個人売買で売るメリットはないですよね?

個人売買で高く売りたいなら、まずは買取店であなたの車を査定してもらいましょう。そしてその価格以上で売ることを狙いましょう。

 

車の個人売買、最大のデメリットはいつ売れるかわからない点。

個人売買のデメリットはいつ売れるかわからない点。ヤフオクで掲載するも全く反応のないことも正直あります。

 

車を売るのって、基本時間がかかるものです。

 

あなたの近所の中古車販売店でも、何か月も店頭に並んでいる車ってありますよね?そんなの見てると1日2日で簡単に問い合わせが来て車が売れるとは思えませんよね。現実的に。

 

もしあなたが中古車を買おうとしたら、少なくとも車を見て、疑問点を質問して、試乗して納得してから高額な車を買おうとするのではないでしょうか?

 

これは車を買おうとする人の普通の心理です。

 

今ではヤフオクやメルカリなど個人で商品を売り買いできる時代ですが、車の場合はその買い手に気持ちに寄り添える部分がないと買い手が見つかって高く売れましたとはなりません。

 

とにかく車の販売には基本時間がかかるもの。個人売買でヤフオクで掲載しても入札はおろか問合せが全くないこともあると認識してください。

 

個人売買でのトラブルが多いことも現実。注意が必要。

車の取引に関する知識がないために、個人売買のトラブルは少なくはありません。

 

普通の人で車庫証明をとったり、名義を変更できたり、車の瑕疵担保責任を理解している人ってどれくらいいるでしょうか?

 

おそらくほとんどの日本人が車屋さんがやってくれるものって考えているでしょう。

実際は車庫証明も名義変更も知識さえあれば簡単にできるものですが、その経験がないために相手ともめるケースはネット上でもよく目にします。

 

次のコーナーで個人売買で注意すべき点を説明します。

 

個人売買で車を売る際の注意点、名義変更、瑕疵担保責任など

車の名義変更に関する部分。

車を別の所有者が所有したなら速やかに名義を変えることが必要。車検証も車のナンバーも、新所有者の情報に変更します。

 

もし変更ができていないとしたら、5月には同じようにその車の自動車税の請求がきます。またあなたの所有者情報のまま交通事故にでも遭ったとしたら、あなたにも問い合わせがくるかもしれません。

 

困りますよね。

車を売る側はきちんと売却後も名義変更完了まで追っかけましょう。

 

ヤフオクで車を売却した場合、一般的にはお支払い時に3万円の預り金を受け取ります。そして2週間以内での車の名義変更を依頼し、完了後に新車検証をFAXしてもらいます。その名義変更の確認が取れたら3万円の預り金を返金します。

 

個人売買の代表的なトラブルなので必ず潰しておきましょう。

 

契約後のトラブル発生してもその責任を0にする方法。

もし車を売却した翌日に車に故障した場合、あなたならどうしますか?

車買った新所有者も怒ってお金返せみたいな話になったら嫌ですよね。

この辺もきちんと対応しておきましょう。

 

まずはいくら個人売買とはいえ、車を買おうとされる方に現車を確認してもらいましょう。また質問にも答え、一緒に試乗もしてもらいましょう。これは基本です。

 

そして購入の契約の際は「瑕疵担保責任を0にする」ことを双方で確認しておきましょう。

 

まずはこういう文面を記載し、双方で確認すること。また契約書でも明記しておきましょう。

 

「こちらは個人売買となります。瑕疵担保保証期間は0日間です。
・瑕疵担保責任による保証などは一切いたしません。
・いかなる場合も現車優先、ノークレーム、ノーリターン、ノーキャンセルとします。」

 

これに同意していれば手放した翌日にトラブルが発生したとしてもあなたへの責任追求は免れます。でもさすがに翌日ともなれば多少寄り添う部分はあってもいいかと思います。

 

相手との連絡先交換。

購入後相手との連絡がつかないというトラブル事例も見受けられます。

 

一度対面し現車確認&試乗までして買った人なら大丈夫だとは思いますが、一通りの連絡先も双方で交換しておきましょう。逆にそれができない相手なら取引自体を考えたほうがいいと思います。困るのは自分ですから。

 

少なくとも新車検証を送ってもらうなら、FAX番号も預り金返金用の相手の口座情報も必要です。

確実に双方の連絡先はおさえてきましょう。

 

まとめ

ということで今回のまとめです。

 

車の個人売買に関してはまだまだ注意が必要です。特に車の移動だけではなく名義変更やトラブル対応もきちんを売却時に双方で書面で確認しておかないと、最後は自分が困ります。

 

あとは個人売買でのデメリットの売却までのタイミングです。

私個人的にはヤフオクなどで2週間掲載して反応がないなら買取店回って最高額で買い取ってもらうことをお勧めします。

 

今回の記事を読んで個人売買への不安が解消されないなら、買取店回りのアクションを開始してくださいね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

今回の記事が参考になりましたなら、以下のバナーをクリックしてくださいね。


中古車・買取ランキング

にほんブログ村 車ブログ 車買取・車査定へ
にほんブログ村