車を所有していると定期的に訪れる車検。安い費用ではありませんよね?

その車検のたび「乗り続けるか?」「買い替えるか?」究極は「乗り潰すか?」の選択肢に直面し、どうしようか悩む人は多いようですね。

 

それで今回のテーマ、車を「買い替える」か「乗り潰す」どちらがお得?ですが、早速ですが結論から申し上げます。

 

シンプルに出費を抑えたいなら、お得なのは買い替えずに「乗りつぶす」こと。

1番大きな出費=車本体の費用を抑えれば、トータルで出ていくお金は削減可。

 

3年5年と乗り続けてくると、その後も2年ごとに車検費用はかかります。車の買い替え周期が早ければ、乗り換え前の車が高く売れるプラス面もありますが、絶対的に買う車自体の台数が少ない方がかかる費用は少なくなりお得です!

 

ただ今回は特に7年7万キロ、10年10万キロをチェックポイントに、買い替えるか、乗り潰すかの判断材料を提供します。参考にしてみて下さいね。

 

「乗り潰す(つぶす)」「買い替え」お得なのは?調査すべき2つの項目

 

1.車の買取価格調査:車買取店で査定してもらいその時の買取価格を調査。

当然ですが、車は年数を重ねるたびに車としての価格価値は下がります。また世間的には10年10万キロが車の限界と思う人が多いようです。

 

しかしながら、実際には10年10万キロを超えても買取店でも価格がつく車は多数あります。乗り潰すにしても車を手放すのなら、ガリバーやビックモーターなどの車買取店で査定してもらい、車の価値を調べてみましょう。

 

下取りではなく買取店で査定するのがポイント。(下取りは安いので)その買取価格をもとに乗り潰すか、乗り続けるかの判断材料にしてみましょう。

 

2.メンテナンス費用:車検時にかかる費用を見積ってもらう。

車検自体もお金がかかりますが、年数とともにバッテリーやタイヤ交換など、車のメンテナンス費用も高くなってきます。

 

ただし車も機械ですので、いつ何時トラブルが発生するかどうかはわかりません。また整備が不十分だと交通事故のリスクもあります。2年に一度の車検を通す際には、自分の命を守るためにもきちん部品交換も含めた点検費用も見積もってもらい、その費用を判断材料にしてみましょう。

 

車の乗りつぶし目安(何年何キロ):7年7万キロ

今回このページを訪れた皆様は、乗り潰しを考えられるぐらいなので、おそらく長く車に乗られている方だと思います。少なくとも3年と5年の車検は通した方である前提で提案します。

 

ある程度の「買取価格」を確保するのなら、7年7万キロがラストチャンス。
なぜなら、近い将来その車を買いたいと思う「日本人」の一定のニーズはあるから。

 

多くの日本人は10年10万キロに車の限界を感じています。その限界まであと2~3年程乗れたらいいなというニーズは一定数存在するのです。

 

要は7年7万キロぐらいの車は、国内の中古車市場で売れる確率が高いということ。買い替えの判断をするために一度車の買取店で査定してもらいましょう。

もし50万円ぐらいで買い取ってもらえたなら、次の車購入の際ありがたいですよね?

 

車の乗りつぶし目安(何年何キロ):10年10万キロ超え

10年10万キロをこえても手放すなら車買取店で買取価格を調査。

10年10万キロを超えてしまうと、その車を日本「国内」の中古車市場で売りにくくなるのは事実です。なぜなら多くの日本人は10年10万キロに限界と感じているから。

 

ただ「国内」という表現をしましたが、実は

海外では10年10万キロを超えた日本の中古車を喜んで買う人は多い。

 

私はウガンダ、ザンビアなどのアフリカ諸国に日本車を輸出した経験がありますが、それらの国に売った車は、全て基本10年10万キロを超えた車です。

 

特にRAV4、CR-V、エクストレイルなどは大人気。それ以外にもVITZ、イプサム、カローラなんかもよく出ました。10年10万キロ以上の車でも海外向けには結構売れるのです。

 

とにかく乗り潰すにしても手放すなら買取店で価格を調べることが大切。

 

更に乗り続けるなら、車検・メンテナンスは購入した販売店できちんと対応を。

最近の車は10年以上は普通に乗れますよと書きましたが、部品の交換などのメンテナンス費用は今までよりは上がります。でもそのメンテンナンスはあなたの命を守るために絶対必要です。

 

こちらも事前に必要な部品は交換を前提に見積もりをとり、その費用を判断材料しましょう。

 

最後は走行距離の限界まで乗りつぶした。でも手放す際の注意点

 

買い替えでも、乗り潰すにしても、車を手放すのなら、車の買取店で査定してもらいましょう。「10年10万キロ超えた車は売れない」という先入観はもう捨てて下さい。

 

下取りではなく買取店を回る。さらに複数の店で買取価格を出してもらうことが重要。

 

買取店は車を買い取って、それを業者オークションで売って利益を得ます。要は買取店は車を買い取ら中れば商売になりません。

 

低利益でも高く買いたい買取店は必ず存在します。ただそれは複数店回らないと見つからないので、最低でも買取店4店は回って価格出してもらいましょう。

 

まとめ

 

ということで今回のまとめです。

 

乗り潰すか買い替えるどちらがお得?の答えは、お得なのは「乗り潰すこと」

出ていく金を少なくするなら買い替え回数が少ないほうがお得。

 

でも長く乗り続けると車検や部品交換などのメンテンナンス費用はかかる。

 

それで今回7年7万キロ、10年10万キロという局面で、買取価格と車検費用を調査し、その結果、乗り換えるか、乗り潰すかを考えてみましょう。の提案をさせてもらいました。

 

ぜひともご自身で納得される判断をして下さいね。

 

今回の記事が参考になりましたなら、以下のバナーをクリックして下さいね。


中古車・買取ランキング

にほんブログ村 車ブログ 車買取・車査定へ
にほんブログ村