修復歴のある車を売ろうと考えている方、車を売る際には正直に修復歴あること伝えられますか?

 

修復歴のある車は、修復歴のない車に比べると同じ車種でも車の価値は下がってしまいます。

もしかしたらばれなければ少しでも高く売れるかな?って考える気持ちはわかります。

 

でも今回の提案。

車の修復歴はあれば必ずわかります。あれば最初に伝えておきましょう。

 

黙っていて買取店の査定の時点でばれてなくて、後にばれるほど厄介なことになります。

最悪あなたに買い取り額の減額を求められることもあります。

 

とにかくあとあとトラブルに巻き込まれないためにも正直に対応しましょう。

 

修復歴のある車を売るときに知らないと困る知識。

 

修復歴はあればわかります。ばれます。最初に伝えるべきこと。

「修復歴」は必ずわかります。車に「修復歴」があるなら最初に伝えておきましょう。

 

もし車の買取店の査定で修復歴を見落としたとしても、その後、車の業者間でその車を取引する業者オークションの段階では必ず判明し、修復歴有の車として業者間で取引されます。

 

また修復歴があるということは、事故歴があるということです。しかも大きめの事故に。

 

修復歴とは一般的には車の骨格にあたる部分の交換や修理なので、まあまあ衝撃のある事故に遭ったと想定されます。なので修復歴のない車よりはどうしても価値が下がってしまいます。

 

修復歴のある車を買う業者も、お客様もリスクですよね?

そう聞いてしまうと、修復歴は黙っていたいなと思う人もいるかもしれませんよね!

 

修復歴を隠していると、最悪減額を求められるトラブルに発展。

ではもし仮に修復歴のある車を黙って売ったとしたらどうなるのでしょう?

 

まずほとんどの場合は買取店の査定の段階で分かるはず。

査定経験豊富な買取店スタッフならおそらく修復箇所を見つけるでしょう。その時点で買取店スタッフは修復歴のある車として認識し、修復歴のある車としての買取価格を出すでしょう。

 

もし買取店の査定の時点で修復歴有るのに気付かずに、修復歴のない車として買取価格を出しました。結果その価格でと契約しました。

しかしながらその後の業者オークションでは修復歴は100%に近い確率で判明しますので、修復歴のある車として修復歴のない車よりは安く取引されることとなります。

 

ここで業者オークションの落札価格によっては、買取店は当然予想していた落札価格よりは安い価格で取引されるので、場合によってはその差額をお客様に求めてくるような状況が発生します。

 

これがよくネット上でトラブル要因となる契約後の減額請求のからくりです。

簡単にいうと、修復歴を黙っているとこんなトラブルに巻き込まれるということです。

 

修復歴の有無の調べ方。特に中古車で購入した場合は要注意。

新車で購入した場合

この場合はその車はあなたしか所有していませんから、修復歴があるかどうかはあなたがわかるはず。

 

もしあなたが所有している間に修復歴があるなら、車を売るときには正直に修復歴があることを相手に伝えましょう。

 

中古車で購入した場合

あなたが所有している間は当然あなたが知っている話ですが、あなたが車を所有する前に修復歴はあるかどうかは気になるところ。

 

まずはあなたが車を購入したお店で確認しましょう。

 

業者オークションで仕入れた車なら修復歴の有無は必ずわかります。

オークション会場では修復歴有りの車はきちんと修復歴有りの評価をされて出品されます。こちらから修復歴有りの車を狙って仕入れたことになります。

 

ただ中古車販売店の立場に立つと、「修復歴ありますか?」といきなりお客様から聞かれて正直に、「はいそうです」とは言いづらい面もあります。

 

そんな場合は次の手段を。

 

中古車販売店でも修復歴の有無がよく分からない場合

車の買取店で査定してもらいましょう。

 

もし車を売る意思が固まっているのなら、複数の買取店で査定してもらいましょう。

複数まわれば、修復歴のある車はほぼわかります。車の買取店は車を仕入れることで利益を得る商売です。基本仕入れる商品を見極める目を持ってます。

 

買取店を回れば、修復歴の有無も買取価格情報も集まります。

あなたは修復歴の有無もわかるし、どこが高いかもわかるので、車を売るときの判断材料も集まっています。

 

なので買取店で査定してもらいましょう。

 

査定の際の注意点

 

車の状況は正直に相手に伝える

まずは買取店で査定をお願いする際の基本の基本です。

あなたの車の状況は正直に相手に伝えること。特に不安点こそ最優先で。

 

修復歴は隠し通すことはできません。最後はばれます。黙っていて損することはあっても得することはありません。

正直に誠意をもって情報発信しましょう。

 

複数の買取店で査定してもらう。てきれば4店以上。

必ず複数の買取店で査定してもらい、買取価格も出してもらいましょう。

修復歴があっても複数の店で価格を出してもらうことで、どこが高いのかがわかります。

 

当然ですが、売るのなら一番高く買い取ってくれる店で売りたいですよね?

できれば4店以上。その時点で高い店と安い店ではまあまあの価格差がついているはずです。

 

契約後に減額リスクがあるのかどうか確認する

買取店にしても契約後に減額をお願いするのは面倒なこと。

 

お客様に対してはかなりの確率でもめる要素を提供することになりますし、ある意味査定力のない買取店としてのレッテルをはられることにもつながります。

 

なので買取店によってはそうならないためのサービスを用意しているところもあります。

必ず確認しておきましょう。

 

例えば、カーセブンなら契約後の減額請求を一切しないことを約束しています。

ガリバーやビッグモーターはクレームガードという有料のサービスを用意しています。最初にクレームガードを利用しておけば、減額請求になる事態でもそれを阻止してくれます。

 

きちんと調べておきましょう。

 

まとめ

ということで今回のまとめです。

 

まずは修復歴は正直に相手に伝えましょう。隠してもばれます。

しかもばれるタイミングが遅くなればなるほど、あなたにとっては面倒な事態に巻き込まれます。

最悪は買取価格を減額されるような事態に。

 

なので修復歴は正直に対応しましょう。

また買取店を複数回れば、修復歴の発見やより高い買取価格との出会いなど安心の面、価格の面でもメリットも多くなります。

 

なので車買取店は複数回りましょう。

 

今まで大切に乗ってきたあなたの車をどこよりも高く売れるよう、今回の情報を役に立ててくれたらうれしいです。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

今回の記事が参考になりましたなら、以下のバナーをクリックしてくださいね。


中古車・買取ランキング

にほんブログ村 車ブログ 車買取・車査定へ
にほんブログ村