修復歴有りの車は、修復歴のない車と比較するとどうしても価値が下がってしまいます。

 

でも、車を売る側としては少しでも高く売りたいですよね?私も同じ気持ちです。

そのために修復歴の存在を黙っていたり、嘘ついてごまかしたりしたい気持ちもわかります。

 

ただ、あなたが最後までトラブルなく修復歴有りの車を売ることを考えるなら、修復歴は正直に相手に伝えておきましょう。可能な限り早い段階で。

 

修復歴は必ずばれます。プロが見れば一目瞭然です。

もし買取店の段階で気付かなかったとしても、業者間で車を取引するオークション会場では絶対に修復歴はわかります。しかもこの後で発覚した場合に売主は契約後減額という面倒なトラブルに巻き込まれます。

 

今回は、修復歴が十分に認識していないと困ること。そうならないための対応法について書いていきます。

 

修復歴のある車を売る際の参考にしてみてくださいね。

それでは進めていきましょう。

 

修復歴は必ずわかる。嘘で最悪減額を求められるトラブル有。

 

もう一度書きます。もし車に修復歴があるなら、最初の段階で伝えておきまましょう。

嘘つくのもごまかすのもNG。最後に困るのはあなた自身です。

 

車の修復歴はごまかしても必ずばれます。車の買取店でも査定経験豊富なスタッフならかなりの高確率で修復歴を見つけます。日常的に車を見ているプロの目は残念ながらごまかせません。

 

もし買取店ではごまかせたとしても、その後、車を業者間でやり取りする業者オークションでは、100%に近い確率で修復歴は見つけられます。

 

車という高額な商品を、プロの業者間でやり取りするオークション会場で、修復歴の見落としなどあってはならないこと。そのためにオークション会場の査定スタッフは車を精査し、修復歴のある車は、修復歴有りと評価し、その結果、修復歴のない車よりは安い価格で取引されます。

 

車買取のトラブルの代表である、契約後の減額請求については、買取店で修復歴を見つけられずに、その後業者オークションで修復歴が判明した場合に起こるケースがほとんどです。

 

修復歴がない条件で買取価格を値付けしたけど、業者オークションでは修復歴有りで安く取引されたので、その差額は売主に求めようって流れになるために、減額請求が起こるのです。

 

そうならないためにも、もしあなたが修復歴有りの車を売ろうと考えているのであれば、正直に早めに相手に伝えることが非常に重要なのです。

 

修復歴とは?事故歴との違い。修復歴有りは配慮が必要。

 

そもそも車の修復歴とはどういうレベルの修復のことをいうのでしょうか?

 

修復歴有りの車とは、簡単に言うと、車の骨格にあたる部分の修理・交換を実施した車。

 

車の骨格にあたる部分を修理する状況とは、大きめの交通事故にあったと言い換えることもできます。結構な衝撃がないと車の骨格を修理するような状況にはなりません。

 

なので事故歴と修復歴では修理の程度が異なります。

車の業者オークションでは、特に「修復歴有り」の車は「修復歴有り」と評価され取引されることになります。

 

私自身も業者オークションで車を仕入れた経験は多数ありますが、よっぽどの理由がない限り修復歴有りの車は仕入れませんでした。購入後のトラブルが心配だったので。

 

それだけ「修復歴有り」の車は、業者の取引上でも知っておかないと困る車ということになっているのです。仕入れる際も配慮が必要ですし。そのために取引価格も修復歴のない同じ車よりも安くなってしまうのです。

 

中古車で購入したために、過去に修復歴があるかどうかどうかわからない場合、また一度車を修理をしたけどそれが修復歴にあたるのかどうか不安な場合は、車の買取店で査定に出してみましょう。

 

一度査定のプロに見てもらうことをおすすめします。

その際の注意点も次のコーナーで説明します。

 

査定に出すときの注意点。嘘なしで正直に情報提供を。

車の状況は正直に話す。修復歴有れば最優先で伝える。

買取店で車を査定に出すときの大原則です。

車のコンディションは正直に相手に伝えましょう。知りうる情報はすべて発信するつもりで。

 

特に修復歴有りを認識しているのであれば、最優先で伝えましょう。結果それがあなたを助けることになります。

また過去に修理出しした経験のある車の場合、それが修復歴有りに値するものなのかどうかも確認しておきましょう。

そしてきちんと買取価格も確認しておいてくださいね。ただし1店のみの結果で即決はNGですよ。

 

複数の買取店で査定してもらう。修復歴に気付く場合あり。

査定の際、次に大事なこと。必ず複数の車買取店で査定してもらいましょう。

 

複数の査定スタッフに車を見てもらうことで、気付いていなかった修復歴にも気付く場合もあります。これも最終的にはあなたを助けることになります。

 

もし最初の買取店だけでもし修復歴を見落としていたとしたらあなたも不安ですよね?

必ず複数の買取店で車を見てもらいましょう。

 

また複数の買取店で査定をしてもらうことは、店数分、買取価格情報を集めることになります。

修復歴があっても、高く買い取ってくれる買取店に出会えることになります。車を高く売る意味でも必ず複数の買取店を回ってみましょう。

 

契約後の減額請求について確認する。減額請求に強い買取店も。

査定の際には、買取後の減額請求についても確認しておきましょう。

 

あなたの車に現状減額となる可能性があるのかどうか?あった場合、買取店で防げる手段がないのかなど減額請求にならない手段も確認してきましょう。

 

参考までに車買取のカーセブンは契約後の減額請求を一切しないことを約束しています。ガリバーやビッグモーターにはクレームガードという減額請求を阻止する有料のサービスもあります。

 

実は買取店にとっても契約後に減額請求するのは気持ちの良い話ではありません。面倒なだけなので。きちんと事前に確認しておきましょう。

 

まとめ

 

ということで今回のまとめです。

車に修復歴があるなら嘘はいけません。正直に伝えましょう。しかもできるだけ早く。

結果それがあなたをトラブルから守ることになりますので。

 

もし修復歴に気付いていない場合は買取店で査定をしてもらいましょう。できれば4店以上の複数の買取店で。

その結果あなた自身も修復歴に気付きますし、高く売るための買取価格情報も集まります。

 

嘘やごまかしなしの正攻法でアプローチすることで、あなたもトラブルなく、そして高く売るための情報収集になりますので。

 

もし今回の情報であなたのお役に立てたなら、とてもうれしいです。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

今回の記事が参考になりましたなら、以下のバナーをクリックしてくださいね。


中古車・買取ランキング

にほんブログ村 車ブログ 車買取・車査定へ
にほんブログ村