過去に事故にあった車を今回売ろうと考えているあなたに、お役立ち情報を提供します。

 

交通事故にあっても修理して今まで乗ってきたのだと思いますが、車を売るのなら車買取店で査定してもらいましょう。

決して隠したりごまかしたりしてはいけません。正直に正攻法でいきましょう。

 

なぜなら車の修復歴は隠しても必ずばれます。

業者間で取引されるオークション会場では修復歴有りの車は、修復歴有りと評価されて業者間で取引されます。

 

もしあなたが修復歴を隠し、運よく買取店で修復歴が判明しなかったとしても、最後業者オークションでその事実が判明すると、あなたには減額を請求されるトラブルに巻き込まれます。

 

あなたがそうならないために、私が体験してきた業者オークションでの話をもとに説明します。

それでは進めていきますね。

 

事故歴と修復歴の違いは?注意すべきは修復歴。

事故歴と修復歴の違い

まず一言で事故車といっても、いろいろな状態が考えられます。

どんな状況であっても事故車でも業者オークションでは取引され売れます。もちろん状況に応じた相場はありますが。

 

主に「事故車」といわれると以下の3つのどれかに分類できます。

1.車の骨格部分まで大きく破損し、修理していない車。現在使用不可。

2.車の骨格部分まで大きく破損したが、修理し現在も乗っている車。

3.車の骨格部分は影響なし。簡単な部品交換などで修理済で現在も乗っている車。

 

この記事を読んでいるあなたは車に乗っていると思うので、おそらく2か3の状態かなと思います。

 

もう少し深掘りすると、業者オークションでは2の車は修復歴有りの車、3の車は修復歴のない普通の車と評価されます。

 

もしあなたの車が2の「修復歴有り」の車と業者オークションで評価されると、それは通常の修復歴のない車よりは車の価値が下がり、業者間での落札価格も安くなってしまいます。

 

まずこれは最初に認識してください。

 

事故車といっても、「修復歴有り」の車の場合、注意が必要になると意識してください。

でも高く売る方法はありますので、安心してくださいね。

 

修復歴を隠して起こるトラブルとは?契約後でも減額請求される場合も。

では修復歴があると買取価格が通常車より安くなることも分かりました。

でも車は高く売りたいので、その事実を隠して買取店で査定したら高く売れるのでは?と考えました。

 

う~ん、その気持ちはわかります。車売るなら+1万円でも高く売りたいですよね?

 

でも車買取店の査定では修復歴があるなら正直に話しておきましょう。

理由は、契約後の減額請求リスクを下げるためです。

 

といわれてもピンときていませんね?続けていきますね。

 

結論、車の修復歴は査定経験の豊富な買取店スタッフなら気付きます。日常的に車を見ているプロの目はごまかせません。その見落としで自分たちも困ることになるのはわかってますので。

 

更に、その後買取店で買い取った車は業者オークションにて取り引きされますが、業者オークションでは100%に近い状況で修復歴は判明し、その車は修復歴有りの車として取り引きされます。もちろん修復歴のない同じ車よりは安い取引価格にて。

 

もしあなたが運よく買取店の査定の時点で修復歴に気付かれずに、修復歴がないものとして買取価格を提案され、結果車を売りました。でもその後業者オークションに出品するとその車は修復歴有りの車として業者間で安く取引されました。

 

この時買取店の立場に立つと、修復歴のない車として買取価格を出したものの、実際は修復歴有りの車として安く取引されるので、当初見込んでいた買取価格よりは大幅に下がることになります。

 

そうすると、買取店はその差額を売主に求めてくるような事態に陥るのです。売主からすると今更なんでって心境ですが、その旨は契約書にも書かれているはずです。

 

これが買取契約後の減額請求のからくりです。

というような面倒な話が発生しますので、修復歴は認識しているなら早い段階で話しておきましょう。

 

中古車の修復歴の調べ方。車の買取店でも調査可。

そうなると車の修復歴があるのかどうか気になりますよね?調べ方も書いておきますね。

 

中古車で購入した場合

新車で購入した場合は、すべてあなたが乗ってきた車の歴史は知っているはずですので、ここでは割愛します。

 

中古車で購入した場合、購入後はわかっているけど購入前はどうだったんだろうって気になりますよね。

まずは車を購入した販売店に確認してみましょう。

 

中古車販売店はどこから何の車を仕入れて誰に売ったかは認識しています。でないと古物商の免許は取れません。

 

またほとんどの車は業者オークションにて仕入れられます。販売店は売り上げを上げるために、売れるであろう車を意図をもって仕入れますので、その車の状況は認識しているはずです。

 

なので販売店に確認してみましょう。

 

よくわからない場合は車の買取店で査定依頼。

ただ車の販売店もいきなりお客様から「私に車は修復歴有りですか?」と聞かれて「はいそうです」とは答えづらい場合も想定されます。

 

そんなときは、アップルやカーセブンのような車の買取店で査定してもらいましょう。

 

車の買取店は車を買い取って利益を得るお店です。きちんと車を査定しそれに見合う買取価格を出します。修復歴があれば修復歴有りとしての価格を提案してくれます。

 

よく分からない場合は買取店で調べましょう。

 

買取店に査定出すときの注意点

車の状況は正直に話す。

車の買取店で査定してもらうときの大原則。車の状況は正直に相手に伝えましょう。

 

特に修復歴を認識しているのならそれは最優先で。結果それがあなたを守ることになります。

嘘やごまかしはNGです。いずれバレますから。正直にいきましょう。

 

複数の買取店で査定してもらう。

もうひとつは複数の買取店で査定してもらうこと。できれば4店以上。

 

多くの査定スタッフに車を見てもらうことで気付いていなかった修復歴に気付く場合もあります。それも結果あなたに安心を与えることになります。

 

また複数の買取店で査定してもらうことは、複数の買取価格情報が集まります。

 

4店回ればどこが高くてどこが安いのも認識できます。高く売るための材料も集まりますので複数の買取店を回りましょう。

 

契約後の減額リスクについて確認する。減額請求なしの買取店もある。

各買取店で契約後の減額リスクについても確認しておきましょう。

 

あなたの車でそのリスクがあるのかどうか?あった場合にそれを回避する手段があるのかどうか?確認しておきましょう。

 

実は買取店によってはその減額リスクを軽減するサービスもあります。

 

車買取のカーセブンは契約後の減額を一切請求しないことを約束しています。契約後の減額リスク0です。

 

またガリバーやビッグモーターは契約後の減額リスクをガードするクレームガードという有料のサービスがあります。

 

各買取店で確認しておきましょう。

 

まとめ

 

というわけで今回のまとめです。

 

事故歴・修復歴があるなら正直に話しておきましょう。

車の骨格部分の修理実績がある「修復歴有り」の車は、特に丁寧に情報提供しましょう。

車の買取店を複数回って、安心材料と価格情報を集めましょう。

 

あとはその情報をもとに、あなたが安心して、高く買い取ってもらえる買取店を選びましょう。

あなたのお役に立てることを祈っています。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

今回の記事が参考になりましたなら、以下のバナーをクリックしてくださいね。


中古車・買取ランキング

にほんブログ村 車ブログ 車買取・車査定へ
にほんブログ村